PROVO

2018.11.17(sat) N.UMA vol.3

毎回ズブズブと底なしの透明な泥の中を這うようなパーティー、N.UMA(通称 沼)の3回目!
前回は春に大阪 NEWTONE RECORDS のスーパーバイヤー DNTさん をお招きして開催しました。
今回のゲストの DJ威力 も大阪を拠点とするフィメールDJ。

2012年頃に大好きなレーベル Altzmusica から世に出た “GRANDPAPA” を初めて聴いてMIXが一周し終わった時、まるで世界旅行にでも行ったかのような恍惚とした気持ちになりました。
その後これまた大好きなレーベルBLACK SMOKERから出たMIX “光速と弾炎” を聴いてたときはダンプカーにでも轢かれたような衝撃を受けました。
もうこの人を呼ばずして何とするという衝動に駆られたのを覚えています。
やっと呼べる!うれしい!!

今回はライブも入れまして、
OTACOさんのバンド GOTOU をお呼びしました。
何度かライブを観て、沼に出て欲しいなってずっと思っていたウーマンスリーピースオカルトバンドです。

DJ陣は、いつもの沼の住人 OGASHAKA、NOBI、MITAYO、そしてRISING SUN ROCK FESTIVAL2018のPROVOブースでナイスDJをかましてくれて沼の最深部の住人 KOUHEYちゃん の4人!
本当に本当に4人の頭の中と音楽が大好きなんです。

VJは安心のKATO TATSUHIKO!
照明・デコレーションは、いつも最高の沼空間を作ってくれる、○△(テツ兄) と ゴンちゃん!
そして沼という言葉がすごく似合う国家公務員 EYE the WORLD の盆栽も有!

今回初めてshopも入ります。
伊地知さんの古本屋、古本珈琲 日曜日。
カルト本満載、沼に合う本たくさん持ってきてくれます。
買いすぎ注意!

…という感じで、初めて女子率のちょこっと高めなパーティーになりました!
年末感がそろそろ出始める時期。
沼にハメたい。ハマりたい。

よろしくお願いします!!

N.UMA vol.3

2018.11.17.sat
at PROVO

Open 22:00
Entrance ¥1500-

*guest
DJ 威力

*live
GOTOU

*dj
OGASHAKA
NOBI
KOUHEY
MITAYO

*vj
TATSUHIKO KATO

*shop
古本珈琲 日曜日

2018.2.3(sat) Ku-kai?

image

image

「まずは獲る。がpartyの最初の準備」オホーツクの漁師が獲った魚を自ら料理して振る舞います。お腹いっぱいになったら踊る。地産地消の究極のhomeparty。

—————————————————————————

first ready to the party is “Getting fish!”
at this party you can eat fresh fish dishes that is made by real fisherman in Okhotsk.
and after that you can enjoy good music! ambient, electric sound, deep house, minimal techno, techno…and so on.
lets dance all night long!!

Ku-kai?

2018.2.3(sat)
Open 20:00
Door ¥2000-

*Food
魚食系男子Project
Kenji & Tatsuya

*DJ
Mitayo (スパイスの穴 ムジナ)
Maru (網走漁師)
Yu-ki (紋別漁師)
326 (常呂漁師)
Kiyofumi (常呂漁師)
Machinaka (北見)

2017.2.11(sat) Ku-kai?

image

「まずは獲る。がpartyの最初の準備」
このpartyでは道東の漁師でもあるオーガナイザー自らが獲った魚や、北海道の美味しく優れた食材を料理しご提供させて頂きます。
料理でお腹いっぱいになったら、踊りましょう。
札幌からはHirata、Mitayoをはじめ、道東からはハウス、テクノのDJ陣が夜を彩ります。
地産地消の食と音が融合する「Ku-kai?」にしかできないpartyを是非ともお楽しみ下さい。

Kukai?

2017.2.11(sat)

Open 20:00
Entrance ¥2000

*FOOD
魚食系男子 Project

*DJ
Hirata
Mitayo
maru
(techno)
Yu-ki(house)
326(house)
machinaka JP
Kiyofumi
(house)

2017.1.8(sun) PROVO NEW YEAR PARTY

image

あけましておめでとうございます!

昨年はたくさんの楽しい時間を共有し、とても濃く実りある1年でした。
2017年、昨年よりももっともっと濃い1年になりますよう、楽しく、そして欲深く過ごしましょう!
今年も引き続きPROVOをよろしくお願い致します!!

さて、年が明け、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
2017年一発目のパーティーは毎年恒例PROVO NEW YEAR PARTYです!
餅つき、書き初め、DJ、、、etc
おめでたい内容でお迎え致します。

早い時間帯はキッズ達の可愛い可愛い笑い声が聴きたいです。
ぜひ、お子様も連れてご参加くださいね!

美味しいお酒やカレー、みんなでついたお餅。
みんなで踊って食べて飲んだらこんな最高なことはないですよね!

ぜひ、お待ちしております!

PROVO NEW YEAR PARTY

2017.1.8(sun)
open 18:00
end 1:00

*dj
ENO
Chinya

餅つき、書き初め他

2016.6.24(fri) HAM Presents “The Party”

image
你好。
数年前、札幌の中心からほんの少し離れた地下にオープン。
日頃からPROVOと交流の深い、古着屋のようで古着屋らしくない古着屋“HAM”は今年で早4周年。
2店舗目、3店舗目を立て続けにオープンし、突っ走った怒濤の4年目。
本当におめでとうございます!
あの”2周忌Party”時の朝方の地獄絵図がいまだに瞼の裏に残っています…

Partyの空間を彩ってくれるDJ陣は今回もこれまた豪華。
しかも、Mitayo特製ワンコイン飲茶もご用意しております。
皆さま、ぜひ乾杯しにいらしてください!
おまちしております!!

HAM Presents “The Party”

————————————————————————————————-

2016年6月で HAM は4周年となりました。
これも普段から皆様のご愛顧のおかげでございます。
その感謝の気持ちと共に HAM が送る、年1どのParty。
今年はあの2年前、2周忌と題したPartyをおこなった想い入れの強い PROVO に再びやってきます。
毎年恒例のスペシャルノベルティはもちろん、数量限定で販売に加え、スペシャルフードがワンコインで楽しめます。
そして会場を彩るDJ達の音に酔いしれながら、美味しいお酒で共に乾杯しましょう。

HAM

————————————————————————————————-

2016.6.24(fri)
at PROVO

start 22:00-
entrance ¥1,000-

*DJs
REBEL MUSICAL
彩人
YUA
OTON

*FOOD
Mitayo
(ワンコイン飲茶)

2016.6.26(sun) Sunday Market FAM

image
ARCO+tome初企画の屋内サンデーマーケット開催です!
ハンドメイドアイテムやオリジナルアートワーク、イラストグッズ、ネイルアートなどを揃えたクリエイターズマーケットや、旅気分を味わえる多国籍マーケット、そして異国のダンスショータイム、旅のスライドショーもあり♪
DJによる良質な音楽の中、全ての空間でお召し上がり頂けるお食事とお菓子、ドリンクもご用意しております!

五感でたのしみ、感性をくすぐられる、
Fashion、Food、Art、Music の融合型マーケット

Sunday Market FAM

2016.6.26(sun)
at PROVO

マーケット   12:00 〜 20:00
ラウンジ タイム  20:00 〜 23:00

entrance free!!

*SHOP
Asako Yoshikawa ( Photo )
another me ( ネイルアート / アクセサリー )
Atelier72/Natsuki Kudo ( calligraphy )
穴木store ( no category )
BLUEPOND ( ガラスのアクセサリー ) 
itabi/12 ( ジュウニ的ピクニックのススメ ) 
kemmy ( kemmy’s paint goods )          
KURIO ( zine / poster print )
mameco ( low carbo soy muffin )
Manganiyariis ( ラジャスタン雑貨 )     
mappoe ( 自作イラストオリジナルグッズ ) 
REBEL MUSICAL 
Ryohei Sugiura ( zine / illust t-shirt )
ARCO ( 帽子 コモノ アクセサリー )
tome ( 洋服、雑貨、アクセサリー )

*PERFORMANCE
川瀬 幸太 ( Photo Slideshow 路上の香り インド編 again )
Natsuki Kubo & かとうたつひこ ( 書と光の奏で )
madhu ( India Gypsy Dance )
ワタアメ ( LIVE )

*FOOD&DRINK
Jammin’ Kitchen
PROVO

*MUSIC
GAK
mitayo

2016.2.13(sat) Ku-kai?

image
image
道東で漁師を営むオーガナイザー自身が穫った新鮮な魚や、食材の宝庫である北海道の恵みをたっぷり使って料理して皆さんに堪能していただきます。
この夜の音楽を担当するのは、道東と札幌の5人のDJ陣。
そして今回、北見のシーシャショップ『いわしくらぶ』がコラボレーション。
おなかも耳も満足な地産地消のパーティーで寒い夜も吹き飛ばしてしまいましょう〜♬
ぜひ、お待ちしております!

2016.2.13(sat)
Ku-kai?

About Ku-kai?
「まずは穫る。がPartyの最初の準備。」

Door ¥2,000-

Food Time 20:00-22:30
Music Time 22:30-Last

◆Food
魚食系男子Project

◆DJ’s
Mitayo [sapporo]
Yano [kitami]
Maru [abashiri]
326 [kitami]
Kiyofumi [kitami]

◆Sheesha
いわしくらぶ

5.15(FRI) PROVO presents SYNAPSE

image
2015年初SYNAPSEは、5.15 PRECIOUS HALLにて開催!!!
ゲストには、ラリー・ハードの再来との呼び声の高いドイツはハンブルグ在住Peter KerstenことLawrence、
札幌のミュージックシーンを牽引する偉大なる大先輩、Koss aka Kuniyuki、
いままさに飛ぶ鳥を落とす勢いの天才ヒューマンビートボクサー、櫻井 響、
ライブペインティングデュオ”DOPPEL”でおなじみの山尾 光平ことBAKIBAKI、
ほか、札幌のクラブシーン、ストリートを盛り上げている愛すべき仲間達を味方につけて…
1F、B1Fもどちらも最高のメンバーを迎えて極上の空間をお送りします。
おいしいFOODも各種取り揃えてます。
2015年最初のPROVO presents SYNAPSE、朝が来るまで踊り明かしてピースな夜を創りあげましょう!!

2015.5.15(fri)
PROVO presents
SYNAPSE
at Precious Hall

22:00 open

adv ¥2,500-
w/f ¥3,000-
day ¥3,500-

*guest dj
Lawrence(dial/smallville/pampa/mule musiq – Hamburg)

*guest live
koss a.k.a kuniyuki
Kyo Sakurai

*djs
Naohito Uchiyama(Synapse/tbhr)
KEN(ill dance music/exrail)
KAZUYUKI(exrail)
Gak(Syanapse)
Daisuke Akutsu(Phase/Ananas)
Osso(beat)

*live paint
bakibaki(doppel)

*food
Jammin’ Kitchen
Mitayo

Lawrence (dial/smallville/pampa/mule musiq – Hamburg)
image
ドイツ/ハンブルグ在住のpeter kerstenによるソロプロジェクト”lawrence”。 mayday、adonis、lil louisといったシカゴハウス、デトロイトテクノの素晴らしいアーティストから影響を受けキャリアをスタート。自身が主宰するレーベル dial,smallvilleなどからlarry heardのヨーロッパ版とも言える様な繊細かつメロディアスなハウスミュージックをリリースし、安定したクオリティーと人気でシーンを代表するアーティストの一人と言えるだろう。 lawrenceはこれまでに、dialから3枚のアルバム、kompakt,dial,mule electronic,ghostly international等から多くのシングル、別名義”sten”でも多くの作品をリリースし、常に高く評価されている。また、superpitcher等を始めとする多くのリミックスを手がけ、定評のあるdj& ライブセットで、世界中のフェスティバル~パーティーから引っ張りだこである。 2009年にはアルバム”until then goodbye”がmule electronicよりリリースされ、多くのメディアで2009年のトップアルバムとして高く評価された。そして、2013年、ニューアルバム”films&windows”をリリース。また、dial、smallville、laidと3つのレーベルを運営し、resident adviserによるtop 20レーベルに常に選出される等、高く評価されている。

koss a.k.a kuniyuki
image
札幌を拠点に活動するkossこと高橋クニユキ。kuniyukiやKUNI名儀ではディープハウスやジャズシーンでのダンスミュージックで世界の音楽ファンを魅了させているが、彼のエレクトロやテクノ、アンビエントなどの要素を実験的に取り入れたユニットが「koss」である。2000年、koss名義で「Ring」をリリース。2001年にUKのフェス「Big Chill」に参加したことにより、国内外のアーティスト、メディアから一気に注目を集めることとなる。2005年にはヨーロッパ大手ディストリビューションKompaktの系列レーベル”Mule Electronic”から、2枚のEP、未発表曲を収録した作品をリリース。またアルバム収録曲「Ra 1030 In」をKARAFTO aka Fumiya Tanakaがリミックスし、海外でも高い評価を得た。そして2006年7月にkossの待望の2ndアルバム「four worlds converge as one」をリリースする。このアルバムはアンビエントとミニマリズムを主体にした実験的な作品で、よりディープな作品となっている。同年9月に Musium Of Plateのsaikotsukamotoとのユニット”SAIKOSS”をスタート。同ユニットではsaikoによるピアノとkossによるアンビエントな世界観が入り混じったストーリーを展開させている。2006年には「SonarTokyo」に出演し、ジェフミルズらに大絶賛された。現在も継続的に楽曲を制作中で、今後も新たなる世界をクリエイトしていく。
http://www.myspace.com/kuniyuki

Kyo Sakurai
image
宮城県出身、ベーシストの父とシンガーの母の元、幼少からジャズに親しみつつ、どっぷり90’sヒップホップ世代な総天然色ヒューマンビートボクサー。ヒップホップ、ジャズ、ファンク、ラテン、ハウス、テクノ、ジャングルなどなど自身の幅広い音楽趣向を反映させた型にはまらないパフォーマンスを披露。Rub-A-Dub Marketとの、ビートボックス+ラガマフィン・セットでフジロックフェスティヴァル’07やSense Of Wonderなどの大型野外フェスにも出演。2008年、ソロ・デビューアルバム「Don Chiki Pan」をPart 2 Styleからリリース。ほとんど口だけでジャズ、ダブ、ブルースなどを表現した、まさしくニュータイプの”オモシロ・オルタナ”ヒューマンビートボックス・アルバム誕生!盟友Kochitola Haguretic Emcee’sのアルバム「Haglife」にも1曲参加、鎮座Dopeness、Tucker、Afra、DJ Ken-Oneなど現場でのセッション多数、ソロ・ライブのオファーも急増中、と活躍の場をどんどん拡げている。そして4.29には待望の新作「TRAVELLER」が発売。
作曲、演奏、編集、構成、ジャケットすべてが櫻井響による作品だそう。
http://kyosakurai.blogspot.jp/

bakibaki (doppel)
1014470_10152405843597329_9079787760952124080_n
画家。1978年、大阪生まれ/東京在住。
2001年京都にてライブペイントデュオ”DOPPEL”を結成し、アンダーグラウンドクラブシーンから、NIKEやTOYOTA等、様々な企業とのコラボレーションを果たす。通称”バキバキ”と呼ばれるミニマルな直線が織り成す世界を軸に、2007年の東京・京都での個展にてソロアーティストとしての活動を本格的にスタート。伝統的な屏風とのセッションやアイドルをモチーフにした美人画、”欲望鎌足(よくぼうのかまたり)”なるキャラクターカードなど、日本の大衆文化/サブカルチャーを源に独自の視点で多角的な表現を試みる。
http://www.yamaokohei.com/

4.26(sun) APPAREL CLERK FLEA

image
札幌のアパレルシーンに携わっているファッショニスタ達が一堂に会し、
日頃隠し持っているお宝私物を1日限り大放出するという奇跡のようなフリーマーケット!
主催は、NYLON Bloger兼札幌の若者に大人気のSHOP “HAM”のバイヤーとして活躍しているKay。
当日はJammin’ KitchenのFOOD有!!
FOODとお酒を楽しみつつ、DJ陣のgoodなmusicに耳を傾けながらお楽しみください!
出店者はジャンルも様々。
メンズ、レディース問わず気軽にお買い物を楽しめると思います。
札幌の有名セレクトショップのショップスタッフやコレクター、古着屋などなど、アパレル店員ならではのお宝を放出!
是非、お待ちしてます!!

“APPAREL CLERK FLEA”

2015.4.26(sun)
open/15:00 – close/24:00

entrance free!!!!!!

DJ:JUNKI, OSSO, UMI

5.9(sat) Precision Dub Wise vol.2

imageimage
2012年に開催されたPRECISION DUB WISEが約3年ぶりに帰ってきます!!
前回のPRECISION DUB WISEにも出演し、SYNAPSEにも過去に出演経験を持つミニマルダブテクノのオリジネーター DEAD BEAT。
90年代初めにベルリンで活動を開始した、ドミニカ生まれのルーツ・レゲエ・ボーカリスト TIKIMAN。
この二人の創り出す音の世界はまさに唯一無二!!
TIKIMANのvocalとDEAD BEATの織り成すDub Beatが融け合い、それらをJammin’ sound systemによって音世界を紡ぎ出す多幸の夜。
是非、お見逃しなく!!

2015.5.9(sat)
JAMMIN’ SOUND SYSTEM Presents
PRECISION DUB WISE vol.2

open 22:00-

■PRICE
Ticket ¥2,500
Flyer ¥3,000
Door ¥3,500

■LIVE & DIRECT
DEAD BEAT(Blkhrtz,CA/DE)
TIKIMAN(Paul St Hilaire)

■TICKET取扱い店
PROVO
MARLEY
1DK
ほっこり酒場

■FOOD
Jammin’ Kitchen

****************************** ** *

DEAD BEAT (BLKHRTZ,CA/DE)
image
Deadbeatはベルリンを拠点に活躍するカナダ人アーティストScott Monteithのソロ・プロジェクトである。MonolakeとのコラボレーションAtlantic WavesやStephenBeaupreとのCrackhausとしても知られる彼は、これまでにScape, Wagon Repair,Cynosure, Musique Risqueeを始めとする数多くの優良レーベルからリリースを重ね、ライヴ・アクトとしてもSonar, Transmediale, MUTEKといった世界各地のビッグ・フェスティヴァルに出演している。数々のソフトウェア・シンセサイザーの開発で知られるモントリオールの Applied Acoustics Systemsに勤めていた経歴を持つ彼は、その最先端デジタル技術に関する広い知識と創作への飽くなき探究心によって産み出されるサウンドはハウスやテクノから、切れ味鋭いデジタル・サウンドによるダンスホール、または超重量級のダブまで変幻自在なプロダクションを生み出している。名門レーベル Scapeからリリースされた3枚のアルバムはBasic Channel系譜の金字塔作品としてカルトな人気を獲得した。2008年発表のアルバム『Roots And Wire』は、Tikimanをフィーチャーしたダブ・ベースのトラックからテッキーなミニマル・テクノまでを展開。まったく新しい進化型ベルリン・サウンドはネクスト・ダブ・サウンドとして世界中のリスナーから絶賛された。2009年秋にはBEAMS RECORDSがスタートさせたコンセプチャルなミックスCDシリーズ『aLive 01』の第1弾アーティストとして作品を提供。エクスペリメンタルなスタイルに攻撃的で根太いグルーヴが独創的な内容となっている。2010年にリリースしたミックスCD『Radio Rothko』ではマスタリングにBasic Channelのエンジニアとして名高いPoleことStefan Betkeを迎え、現行ミニマル・ダブの集大成ともいえる作品を発表した。2011年、自身のレーベルBLKRTZをローンチ、最新アルバム『Drawn And Quartered』をリリース。ストイックなダブテクノはミニマルを基調としながら、アブストラクトな彩りを随所に散りばめた音響処理は、古巣 Scapeでの一連の作品を彷彿させる正にDaedbeatの真骨頂と言うべき作品に仕上がっている。ResidentAdvisorでは4.5の高評価を獲得している。

Paul St Hilaire a.k.a TIKIMAN
image
カリブ海はドミニカ共和国出身、Rhythm & SoundのMCとしても名高いPaul St. Hilaire a.k.a Tikiman。90年代初頭のベルリンで活動を開始。Moritz von Oswald、Mark Ernestus、Stereotyp、Jean-Marie Aertsらとコラボレーションを重ね、Roskilde、Chiemsee Reggae Summer、Sonar、Metamorphoseといった世界中のフェスティバルに出演。
伝説のBasic Channel、Chain Reactionの中心人物として知られるMoritz von OswaldとMark Ernestusとのコラボレーションではミニマル・サウンドとTikimanのルーツ・レゲエ・スタイルのヴォーカルが見事に融合、唯一無二のサウンド・スケープを作り上げている。
2003年には自身のレーベル『False Tuned』から、ダビーかつパーカッシヴなトラックにTikimanのヴォーカルが一体となった”Unspecified”や、浮遊感あるダブとソウルが織りなす”ADSOM – A Divine State Of Mind”をリリース。また、Deadbeat、Stereotyp、The Bug、Beat Pharmacy、Modeselektorなど多くのアーティストともコラボレーションを行っている。