PROVO

2017.2.5(sun)-12(sun) Kurio Exhibition “A Gross Mistake”

image
image

———————————————————————————-

今回KURIO、初個展をPROVOにて開催することが決定いたしました。
自由な発想で、作ったコラージュや、撮りためた写真を多数展示しております。
また2月5日の初日には、OPENING PARTYを開催、ゲストライブには、Matthew Haya、srnkskk、渡邊萌奈の3人、EXHIBITIONでは、同世代若手アーティスト7名の作品も同時展示しています。
是非、KURIOの独自の世界観を見に来てください。

———————————————————————————–

Kurio Exhibition
“A Gross Mistake”

2017.2.5(sun)-12(sun)
※月曜close
open 18:00
close 28:00
Entrance Free!

————————————————————————————

OPENING PARTY

OPEN 18:00
START 20:00
ENTRANCE FREE!

KURIO
https://www.instagram.com/kuriojapan

*GUEST LIVE
▶Matthew Haya
https://the-sky-mata.bandcamp.com/
▶srnkskk
https://sarunokoshikake.bandcamp.com/
▶渡邊萌奈
https://www.youtube.com/watch?v=vVnia32jCmE

*GUEST EXHIBITON
▶BOTANICKS
▶水石清輝
▶sumikawa onsen
▶MELON PANDA
▶渋谷江美
▶埜田まりえ
▶Matthew Haya

2017.1.21(sat) NO NO NO

image

2017年、街の華やぎにもうひとつ光を灯すべく。
DJも開催日も毎度変わるフリーパーティー、始めました!
その名も”NO NO NO”
エントランスは無料。いつも通りフードメニューも食べれますよ!
おいしいお酒とおつまみ片手にダンシング、しましょう!
ぜひ、お待ちしております。

NO NO NO

2017.1.21(sat)

Entrance Free!!
open 21:00
end 28:00

*DJ
DAINU
DSK
TOMOKI

2017.1.8(sun) PROVO NEW YEAR PARTY

image

あけましておめでとうございます!

昨年はたくさんの楽しい時間を共有し、とても濃く実りある1年でした。
2017年、昨年よりももっともっと濃い1年になりますよう、楽しく、そして欲深く過ごしましょう!
今年も引き続きPROVOをよろしくお願い致します!!

さて、年が明け、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
2017年一発目のパーティーは毎年恒例PROVO NEW YEAR PARTYです!
餅つき、書き初め、DJ、、、etc
おめでたい内容でお迎え致します。

早い時間帯はキッズ達の可愛い可愛い笑い声が聴きたいです。
ぜひ、お子様も連れてご参加くださいね!

美味しいお酒やカレー、みんなでついたお餅。
みんなで踊って食べて飲んだらこんな最高なことはないですよね!

ぜひ、お待ちしております!

PROVO NEW YEAR PARTY

2017.1.8(sun)
open 18:00
end 1:00

*dj
ENO
Chinya

餅つき、書き初め他

2016.12.29(thu) PROVO and Dear Dancers ” Year End Party “

image

今年もやります!
年末大忘年会的パーティー、PROVO and Dear Dancers ” Year End Party “

師走に入り、みなさんも何かとお忙しいこととは思います。
が、この日ばかりは死ぬほど遊びましょう!

2016年最後のパーティーです。
ぜひ、乾杯して良い1年の締めくくりにしましょう!

みなさんに会えるのを楽しみにお待ちしております。

PROVO and Dear Dancers
Year End Party

2016.12.29(thu)
at PROVO

START 20:00
Entrance ¥1,000-

*music
Higashi
平山剛
Daisuke Akutsu
Hirata
Takashi
Mitayo
Osso
Umi
Dsk

*sound system
うぉーりー

2016.12.20(tue) GypsyDiningTour 2016 クリスマス

image

GypsyDiningTour 2016 クリスマス

2016.12.20(tue)
OPEN 18:30
START 19:00

Ticket ¥4,000 (+1Drink ¥500)

↓予約フォーム↓
イープラス:http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0402:P2=173157:P5=0001:P6=001
ローチケ:http://l-tike.com/search/?lcd=72106%2C52697%2C21683%2C42990%2C82048%2C12414

———————————————————————–

*PROFILE

Ohyama ”B.M.W.” Wataru (tp)
Tajimi “M.J” Tomotaka (vln)
手島大輔 (g)
ヤマトヤスオ (b)
奥田真広 (per)

2014年、トランぺッター Ohyama”B.M.W.”Wataruと日本におけるジャズマヌーシュの第一人者であるギタリスト 手島大輔を中心に結成される。 2015年、自主制作盤『BimBomBam』で音源を初披露。2人のソングライターが生み出す楽曲と手練れの楽団メンバーの演奏で、 まったく新しい都会的な『GYPSY JAZZ』サウンドを生み出した。
シャープかつ力強いベースとパーカッション、自由自在にリードとバッキングを行き来するギター、 その熱いアンサンブル上をトランペットとバイオリンという世にも稀な組み合わせのメロディが大胆かつ繊細に絡み合い、その渾然一体となったサウンドは多くの音楽ファンに驚きをもって迎えられた。
『食事と人と音楽が溶け合う空間』というコンセプトのもと、楽団のライブの多くはダイニングスタイルで行われる。
2015年12月にmeal me(e)t musicより全国デビューアルバム『ナミウサギ』をリリース、同アルバムを携えた初のツアーを行うとFINAL公演では入場規制がかかるほどの盛況ぶりで全国にダイニングスタイルのライブ形態を知らしめた。
楽団は2016年6月にNewアルバムのリリースと全国ツアーを予定しているほか、各地のフェスへの出演を控えている。

2017.1.22(sun) カーネーション『Multimodal Sentiment』アルバム発売ツアー

image

カーネーション
『Multimodal Sentiment』
アルバム発売ツアー

2017.1.22(sun)
OPEN 17:30
START 18:00

adv ¥4,000 / door ¥4,500 (with 1drink)
学割:¥1,500

*LIVE
カーネーション
直枝政広大田譲

*TICKET
カーネーションHP先行(整理番号あり)
2016.11.19(sat) 13:00 – 12.25(sun) 23:59
http://0122provo.peatix.com

店頭予約:2016.11.26(sat)〜
mail:shop@provo.jp

————————————————-

▼PROFILE

大田 譲 (Yuzuru Ota)
bass/vocal
1960/01/20 B型 鳥取県出身

直枝政広 (Masahiro Naoe)
vocal/guitar
1959/08/26 B型 東京都出身

1983年12月 「耳鼻咽喉科」を前身に「カーネーション」結成。当時からのオリジナルメンバーは、直枝ひとり。 1984年 シングル「夜の煙突」(ナゴム)でレコードデビュー。以降、数度のメンバーチェンジを経ながら、時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な歌唱、レコードジャンキーとしての博覧強記ぶりなど、その存在意義はあまりに大きい。2008年に結成25周年を迎え、2009年1月、ドラマー矢部浩志が脱退。現メンバー、直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人にサポートドラマー中原由貴(タマコウォルズ)を迎え、約2年半ぶりの新録作品となるシングル「ジェイソン」をリリースする。

carnation-web.com

2016.12.17.(sat) 猿の谷渡 GRATEFUL LUNA’S TAXI

image
image

谷渡
GRATEFUL LUNAS TAXI

2016.12.17.(sat)

OPEN 20:00
adv ¥2,500
day ¥3,000

*GUEST LIVE

▶Warlocks of tokyo

▶HOLY C-60
= TOSHIO BING KAJIWARA (ELECTRONICS)
+ YOKO HIGASHINO (PERFORMANCE)

▶Johnny∞Depp

*GUEST DJ
▶BING (HE?XION!TAPES)

▶ケンジルビエン

*DJ’s
▶HIGASHI

▶OGASHAKA

▶DAINU

▶NOBI

▶KOUHEY

*GUEST Light Sculpture
▶YAMAT

*VJ
▶かとうたつひこ

*FOOD
▶おんや

▶ワンボカレー

—————————————————

▼PROFILE

image
image
Warlocks of tokyo
1992年「グレイトフル・デッドをプレイして楽しもう!」とWARLOCKSが結成される。
おりから前年には足立区梅島にカリフォルニア帰りの名うてのデッドヘッド、塚本優子さんがライヴスペース”YUKOTOPIA”をスタート。
チナ・キャッツ、ジョニー・アップルシードら、同じようにデッドを愛する仲間のグループと、95年のジェリーの死をバネに、さかんなライヴ活動を展開。
日本のデッドヘッズ・シーンを誕生させ、牽引するバンドになっていく。
2013年、グレイトフル・デッド・ファミリーが世界中のデッドヘッズ系バンドに”きみたちのお気に入りのデッドの曲を演奏した画像を送ってくれ!”と呼びかけたDead Projectという催しがあった。
その時、日本から届いた「The Wheel」を演奏するグループの映像が世界中のデッドファンを魅了。
人気投票で何週間もトップを続け、デッドのウェブサイトを通じて、WARLOCKS OF TOKYOの名は一躍、世界中に轟いたのだった。

image
HOLY C–60
音楽家カジワラトシオ=DJ BING、振付家でダンサーの東野祥子、写真家の塩田正幸によるパフォーマンスユニット。
ジャンルにとらわれず、特異な表現を様々な空間にて行う。
自主レーベルHE?XION!TAPESでのCDリリースやパフォーマンスアートコレクティブ「ANTIBODIES 」にて前衛的舞台芸術作品を国内外で発表。

image
ケンジル・ビエン
ANTIBODIES Collective ダンサー。
渋さ知らズオーケストラ、舞踏団トンデ空静、発電ポールダンサーのメガネ、着ぐるみ造形作家、即興ミュージシャンなど、数多くのアーティストとクラブやライブハウス、野外でのパフォーマンスやセッションを行い、その得意な存在感で見るものを圧倒する。
自身のユニット「ZIRUBIENZ」にて作品制作や秋田県アートフェス「ゼロダテ」なども行っている。
最近はDJとしても人気がある。

image
YAMAT
Light Sculpture & VJ。
2010年頃からスタートした光を媒体として多種多様な現象を取り込んだライトスカルプチャーシリーズでは、プロジェクターの他、レーザー・LED、モーターや感度センサー等各種ガジェット類を用いた多種多様な立体スクリーン、立体オブジェクトの制作を行う。
主な活動に国内外の多様なアーティストとのコラボレーション。
個展に2015年「錯視左京区」など。
http://yamatosekiguchi.com

2016.12.11(sun) PROVO 13th Anniversary Party at Precious Hall

image

おかげさまで今年でPROVOは13年目。
今年はより一層濃い時間を過ごさせていただきました。
どれもこれも、たくさんのアーティストや愛する仲間達そしていつもサポートしてくださる方々のおかげです。
本当に、いつもありがとうございます!

13th Anniversary Partyは、毎年お世話になっている大好きなPrecious Hallにて開催!
私たちが愛してやまない強力な出演陣で固めています。
安心して遊べる環境は整っています!

この夜ばかりは遊びましょう!
ぜひ、お待ちしております!!

PROVO
13th Anniversary Party
at Precious Hall

2016.12.11(sun)
22:00 open

adv ¥2,000- / wf ¥2,500- / door ¥3,000-

*live
BANANAS

*music
Naohito Uchiyama [SYNAPSE,tbhr]
Gak [SYNAPSE]
Mitayo
OSSO [PROVO]
UMI [JETSTREAM]

*VJ
Drahkma

*Flower
Flower Little

*thanks food
Mitayo

———————————————————–
*profile

image
BANANAS
BEAT – REBEL MUSICAL
GTR – AOTA

image
Naohito Uchiyama [Synapse/tbhr]
2002年『Directions』で、Tha Blue Herb Recordingsよりデビュー。2005年、TBHRのレーベルコンピレーション「ONLY FOR THE STONE LONG」に収録された楽曲「NIKISI」がダンスフロアーで大きな支持を集めた。その後、08年『The Sun Also Rises』をリリース、同年ドイツStatik Entertainmentよりリリースされた My Music Is My Spaceに『Green Echoes』が収録される。以降、日本各地、バンコク、ベルリン、アムステルダム,台湾などへと活動の幅を拡げてきた。14年 3rdアルバム『LuLu』をリリース。
人間にとって最も重要な行為のひとつである踊りと、真理や自然に対する意識を根底に常に置き表現する事を身上としている。
オリジナル作品以外にも数多くの楽曲制作を手がけ、映像作品、CM等に提供を行う傍ら、谷川俊太郎、賢介親子とのライブコラボレーションにも参加するなど、幅広い活動を行っている。

image
Gak [Synapse]
2002年より苫小牧を拠点にDJ活動を開始。
北海道の新興レーベル、PARTY″synapse″を中心に活動。
音楽シーンはもちろん、道立近代美術館講堂で行われた″MIX・MAX・MUSIC″や、RISING SUN ROCK FESの″TAIRA-CREW″,FUJI ROCK FES″PYRAMID GARDEN″,″TOBIU CAMP(飛生芸術祭)″への出演などアートシーンとの繋がりも深い。
持ち前のフラットな感覚で、場の空気を読み、エレクトロニカを巧みに操り、フロアを別世界へ誘う。
Mixmaster Morris との共演も好評を博し、チルアウトミュージックでのプレイは高く評価されている。

image
Mitayo

image
OSSO [PROVO]

image
UMI [JETSTREAM]

2016.12.18(sun) NECTCON ~ The Cynical Store 『 ep 』release party ~

image

2016年結成のメンズツインボーカル4人編成スタイル、The Cynical Storeの『ep』リリースパーティーをここPROVOで開催!
LIVE ACTは、記憶に新しい11月にもMatt Hyka名義でLIVEを披露してくれた謎の多才一人宅録バンドマンMatthew Haya(純日本人)、PROVO 10th AnniversaryやRadio Synapseにも出演し、PROVOとの交流が深く、札幌のアンダーグラウンドシーンにマルチな才能を投下し続けているSicabuneが出演!
札幌の数ある若手ミュージシャンの中でも、特に突出してイケてる要チェックな3組。
乞うご期待!
ぜひ、お待ちしてます!

NECTCON
~ The Cynical Store 『 ep 』release party ~

2016.12.18(sun)
Open 18:00
Start 19:00
Close 24:00

Entrance ¥2,000-(1drink付)

《 LIVE 》
The Cynical Store
Matthew Haya
Sicabune

《 DJ 》
SEN-C
yuuki murakami

《 VJ 》
PATANICA
BOTANICKS

———————————————————–

image
『 ep 』The Cynical Store

-Track List-
1.故郷
2.Close Encounters of the Third Kind
3.E.S.P
4.Brocken Jr.
5.People To Allocate
6.Mars One
7.Panorama
8.Secret Window
9.Unreality
10.Brain Sugar
11.Indigo Tree
12.Stardust

-Recommend tracks-
4,5,6,7
※4,5はこちらから視聴できます▶http://www.the-cynical-store.com/sound

———————————————————–
*ARTISTS PROFILE

image
《 The Cynical Store 》
http://www.the-cynical-store.com/

image
《 Matthew Haya 》
一人宅録バンド・The Sky Mata 主任。今回はピアノ弾き語りにて、半即興セットを披露。

image
《 Sicabune 》
SOUL/FUNKとHIPHOPに洗礼を受け、独学でキーボードを始め、札幌アンダーグラウンドシーンで活動を続ける鍵盤引き+歌い手。
DJや自らトラックメイクなどもこなすマルチプレイヤー

2016.12.4(sun) ASA-CHANG&巡礼ツアー2016『まほう』

image
ASA-CHANG&巡礼、7年半ぶりの新アルバム『まほう』リリースを記念して、7年ぶりの全国6都市を巡るツアーを行います。
2012年に新メンバーとなり、さらにその音楽性を深めてきたASA-CHANG&巡礼、渾身のライブ・パフォーマンスをお送りします。
一夜限りのスペシャルなライブ・パフォーマンスをお見逃しなく!

5ASA-CHANG&巡礼ツアー2016
『まほう』

2016.12.4(sun)

open18:30/start19:00
adv¥2500/door¥3000(共に+1D)

*Act
ASA-CHANG&巡礼
chikyunokiki

*informat
会場またはdandanorchestra@gmail.com
予約:dandan.yoyaku@gmail.comマデ
①件名に【12/4予約】と明記。
②本文にお名前、枚数、連絡先を明記。
③返信をもって予約完了。