PROVO

2017.3.12(sun) NO NO NO

image

春が近いようでまだ遠く、いまだ冬将軍が闊歩する札幌。
1月の半ばに生まれ、いい温度感を持って幕を開けたニューパーティー ” NO NO NO “、第2回開催決定です!
底冷えする寒さすら吹き飛ばしてくれるDJ陣、揃ってます。
ゲレンデが溶けるほどダンシングしましょう。
ぜひ、お待ちしております!!

NO
   NO
      NO

2017.3.12(sun)

start 21:00 – LAST
Free Entrance

*DJ
Hirata
Tsuji
DSK

2017.3.10(fri) PLAYERS of INSTRUMENT 2 NORTH JAPAN TOUR 2017

image

duo, trio, band, sessionからフェスのプロデュースまでマルチな活動を展開する白石才三(g)と期待の新人、松尾健斗(g,vo)による新ユニット「PLAYERS of INSTRUMENT 2」の東北、北海道ツアーが決定しました!
変幻自在のギタープレイをお楽しみに!
この日は参加自由のジャムセッションもあります!

inmylife production and Provo presents
PLAYERS of INSTRUMENT 2
NORTH JAPAN TOUR 2017

2017.3.10(fri)

Open 18:00
Start 19:00

Charge ¥2,000

*Live
Players of Instrument 2 (白石才三(g), 松尾健斗(g,vo))

————————————————————————————–

[PLAYERS of INSTRUMENT 2]
duo, trio, band, sessionからフェスのプロデュースまでマルチな活動を展開する白石才三(g)と期待の新人、松尾健斗(g,vo)による新ユニット「PLAYERS of INSTRUMENT 2」の東北、北海道ツアーが決定しました!
変幻自在のギタープレイをお楽しみに!
この日は参加自由のジャムセッションもあります!

[白石 才三 (しらいし としぞう) guitar]
幼少期はオランダで過ごし、17歳からギターを始め、20歳で渡米。
ジャズギタリスト、ジョン・トーマスに師事し、その師弟関係は今も続いている。
彼のスタイル、スピリットを継承する唯一の日本人。
2002年、帰国後は、地元長野の仲間とblissed(ブリスト)、SOIL&”PIMP” SESSIONS元晴(sax)、秋田ゴールドマン(b)、みどりん(ds)とso-ill
2014 グラミー賞ベストゴスペルアルバム全曲参加ギタリストDai Miyazaki(g)等、NY、フィラデルフィア、ボストンで活躍する仲間とWESTLAND、そして三宅洋平(犬式)と (仮)ALBATRUS(2010年脱退)等数々のバンドでギタリスト/ベーシストとしてのキャリアを積む。
2007年、BROOKLYNのバンド、MAINSPACE(concent)のレコーディングに参加。
2009年と2015年にNYで活動するDIZZY VENTILATORSとの日本ツアーに参加。
近年はblissed、so-ill以外にもMARTER(JAZZY SPORT)とのセッション(2枚のEPをリリース)やIRIE JAZZ SESSION、Toshizo and Happy Cats、THE KITCHENS等のバンドで地元長野と神奈川を中心に日本中で活動中。
2012年アコースティックソロアルバム『INSIDE OUT』をリリース。
2015年オルガントリオアルバム『MYSTIC MOMENT』をリリース。
VOXアンプエンドーサー。

inmylife-pro.com
https://soundcloud.com/toshizology
https://www.youtube.com/channel/UCMGrUty6XTgxqqzrHBCZaxA

2017.3.18(sat) SAproject presents “Cutting Edge”

image
image

1960年代のイギリスの若者のカルチャー­【mods】をテーマにしたダンス公演。
WE ARE MODS!! WE ARE MODS!!
若者たちの叫び続ける魂。

SAproject presents
Cutting Edge

2017.3.18(sat)

open 18:00
start 18:30

adv / door 2000yen(+1drink 500yen)
students 1500yen(学生証提示)

*CAST
小倉 佑介(集団『歯ぎしり』)
齋藤 周太(Sapporo University X-SPORTS Club)
本田 光太朗(Sapporo University Street Dance Club: SPADE)
岩本 伊織
氏家 瑞季
大野 茜
木元 栞奈
斉藤 秀規
(集団『歯ぎしり』)
柴田 詠子
山本 由梨

*DJ
ヒデビシャス

*FLYER DESIGN
田仲 ハル

*協力
PROVO
Conte-Sapporo

*Contact
saproject2017@yahoo.­co.jp

2017.4.15(sat) ヨッシーまつり ~オロロン Meetin’ 2017~

image

ヨッシーまつり ~オロロン Meetin’ 2017~

2017.4.15(sat)
Open 18:30
Start 19:00

*Ticket
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
※ドリンク代別途500円

*Live
松竹谷清エマーソン北村山口大輔
勝井祐二沼澤尚辻コースケ

*お問い合わせ
PROVO 011-211-4821

*メール予約
yossy.fes@gmail.com

2017.3.4(sat) Cumbia Ninja in Snow Land Rojo Regalo Special Live

image

Cumbia Ninja in Snow Land
Rojo Regalo Special Live

2017.3.4(sat)
at PROVO

open 19:00
entrance ¥2,000-

*live
ROJO REGALO

*dj
Masa Niwayama
Nobi

*live paint
BAKIBAKI

*goods
SEEK + BAKIBAKI

—————————————————————

PROFILE

ROJO REGALO
SHINOBU 2 STONE (timbales percussion)
MARINOSUKE (guiter)
”PICO” NAKAJIMA (tres guiter, percussion, drums)
KYOKO OGINO (vocal)
DAI OKAWA TAKAYASU (bass)
THE★SUMI TOMOAKI (trombone, keyboad)

2006年、大阪にて結成。
パンクやレゲエの持つレベルミュージックとしての精神性、それらがクンビア、ルンバ・カタラーナ、ジプシー、バルカンミュージックなどと日本人のアイデンティティとの融合を果たした音楽、それが ROJO REGALO である。
バンドの生き様の原動力となる真の愛の力と反社会的メッセージをのせた「南米日本フューチャー・ミクスチャー・ダンス・アンド・レベル・ミュージック」を発信させる。
今、もっとも世界が必要としている音楽の一つである。
革命的で斬新な楽曲に荻野恭子の太くパワフルで真っ直ぐな歌声は心に鮮烈な印象を残すだろう。
活動は海外へも出向きヨーロッパ各都市やアジアなどツアーをし世界標準な音を発信させている。
これまでにFUJI ROCKをはじめ数多くの野外フェスティバルに出演。
Down Beat Ruler、FIGHT FOR RIGHTS、RAGGA CHANNELなどのイベントに参加。
ROJO REGLO主催イベントEL CHOCOLATEを定期的に開催。
Down Beat Ruler Vol.3 コンピアルバム参加。
2011年タイ・バンコクでのライヴツアー音源「LIVE & LOVE IN BANGKOK」をリリース。
2011年ROJO REGALOの代表曲”Bambi”とEKDの”竹田の子守唄”が収録されたスプリット・7インチ・シングルをリリース。
同年、友人のために作った楽曲”ADIOS AMIGO”やDJ 風祭堅太とEKDによるREMIXが収録されたマキシ・シングル「MOONLIGHTIST」と結成当時ヨーロッパツアーのために自主製作をし海外で反響を得たこのバンドの初期衝動的音源とも言える「CUMBIA NINJA」を正規盤としてリリース。
2013年これまでの集大成としてフルアルバム「FOUND LOVE」をリリースする。
2016年”BEAUTIFUL LION”収録の7インチ・シングルをリリースし、同年4月にミニアルバム(タイトル未定)のリリースを控えている。

http://www.rojoregalo.com/

image
mAsa niwayama
北海道出身。
2010年にタイ・バンコクにて、パーティー”GIANT SWING”を開始。
アジアの中心に渦を巻き起こすようなムーヴメントとなり、現地の音楽関係者や世界各国から訪れるパーティーピープルから絶賛される。
他のどの国よりもタイのフロアで過ごした時間が長い彼の感性は多くの決まりごとから自由で、たとえディープ寄りな選曲の中でもポジティブな姿勢を崩すことはなく、独特のリラックスした雰囲気の人柄であらゆる人種を惹き付けてやまない。
Maft SaiのZudrangma HQ Records Storeの店員もつとめ、タイ/アフリカ/ジャマイカなどワールドミュージック寄りのセットも素晴らしい。
毎年の日本ツアーも恒例となりつつあり、常に「良い湯加減」なDJプレイで各地を最高のムードに包んでいる。

https://www.mixcloud.com/mAsa_niwayama

image
BAKIBAKI / KOHEI YAMAO
1978年大阪生まれ、2003年京都市立芸術大学卒業。
独自の幾何学模様を空間やモノに施すことでその場に生まれるコミュニケーションをテーマに、ライブペインティングや壁画、ワークショップを中心に活動している。
1978 大阪生まれ
2003 京都市立芸術大学卒業

http://bakibaking.com/

2017.2.24(fri) Night Mid Light Twi

image

Night Mid Light Twi

2017.2.24(fri)
fee ¥1,500-
start 20:00

*Music
AOKI Takamasa
Daisuke Akutsu
Mitayo

——————————————————————

PROFILE

image
AOKI takamasa
1976年 大阪府出身。現在は大阪在住。
Born in Osaka, 1976. Presently living in Osaka.
RHYTHM + PHOTOGRAPHY
aokitakamasa.com

image
Daisuke Akutsu [ANANAS]
2003年に札幌にてHOUSE DJとしてのキャリアをスタート。
2009年よりiioka(sofheso)と共に”PHASE”@PRECIOUS HALLをスタート。 2015年4月からは”ANANAS”@PRECIOUS HALLを始動。

imageMitayo [BOWAWAWAWAN]

2017.2.26(sun) 聴雪庵 presents “聴雪庵” 7th Anniversary party × GIORGIO TUMA JAPAN TOUR 2017, 札幌公演-1

image
image

日頃交流のある聴雪庵が2月で7年目を迎えます。
この良き日にPROVOにて聴雪庵 7th Anniversaryを開催!
聴雪庵はお酒の種類も豊富で、深夜までゆったりと美味しいお酒や料理が堪能できます。
ちなみに美味しい珈琲も飲めるので、1日の〆に寛ぎながらホッと一息つけるのも嬉しいですね。
オーナーの人柄とセンス、気配りが隅々まで行き届いた素晴らしいお店です。
一度、足を伸ばしてみてください。

さて、Partyのゲストにはイタリア生まれのGiorgio Tumaが初来日。
彼はThe ClashやStereolab、数々のイタリア映画音楽から多大な影響を受けたそうです。
独特で繊細なメロディーと、優しく伸びやかな声が素敵です。
楽しみです。

21時からは引き続きPROVOにてAfter Partyを開催します。
Entrance ¥1,500、Liveを御覧になった方は¥1,000で入場可です。
盛大にお祝いしましょう!

ぜひ、お待ちしております!!

聴雪庵 presents
“聴雪庵”
7th Anniversary party
        ×
GIORGIO TUMA
JAPAN TOUR 2017
札幌公演-1

2017.2.26(sun)
Open 17:30
Start 18:30
After party 21:00

*LIVE
Ticket ¥3,600
Door ¥4,200
(共に別途1ドリンク・オーダーが必要です)
(全席自由席)

*AFTER PARTY
Entrance ¥1,500
LIVE観覧された方 ¥1,000

*予約受付
聴雪庵(ちょうせつあん)
〒064-0805
北海道札幌市中央区南5条西4丁目すすきの寿ビル一階 聴雪庵
担当:小島
– メール予約 : info@chousetsuan.com
– 電話予約 : 011-555-4953
※「代表者お名前」/「電話番号」/「人数」をお知らせください。
メールは24時間受付しております。

9.12(sat)-13(sun) TOBIU CAMP 2015

image
ついに今年で5年目を迎える、TOBIU CAMP。
飛生の森がまるでおとぎ話のなかの魔法にかかったように、きらきらとしたおとぎの森へと変身します。

PROVOは今年もTOBIU出店させていただきます。
そして、チケットも取扱いしております。

魔法のような一夜を共に過ごしましょう。
お待ちしております。

*********************************************************
image
2015.9.12(sat)-13(sun)
“TOBIU CAMP 2015”
http://tobiucamp.com/

——————————-

夜空に輝く月と星空、虫や鳥のさえずる声。
木々と土の 香りに包まれて-
森に足を踏み入れた誰もが、物語の主人公になる。

——————————-

12(sat)
open 12:00/start 13:00
13(sun)
close 14:00

※雨天決行

■CAST
[ ART / SPACE ]
淺井裕介
今村育子
川村亘平斎
国松希根太
奥山三彩
永田まさゆき
相川みつぐ
石川大峰
高橋正和
伴 翼
小助川裕康
下平雅也
富田 歩
富樫 幹
SCAPE
森迫暁夫
上杉高雅
木木木人
富士翔太朗
kao

[ MUSIC / SOUND ART ]
青柳拓次
川村亘平斎
テニスコーツ
OKI
MAREWREW
B.I.G.JOE
嵯峨治彦
池間由布子
jealousguy
chuvachuva
ほしのこどもたち
烏一匹
kim yooi
GUAN CHAI
ヒグチケイコ
mAsa niwayama[DJ]
NKchan[DJ]
KAZUYA a.k.a. PEE[DJ]
GAK[DJ]
SUKESAN[DJ]
ムーヤーン(Junichi OGURO+長澤まろい)
札幌管楽ゾリステン
TAWOO
中田裕子
ダイナマイトあさの
バス a.k.a. MC MANGO
READER & SUE
kojeemthedynasty
KAMOS
Yoshihiro Tsukahara
西村伸雄
山田祐伸+横山祐太+塚野洋平
景井雅之
K!so & her friends
ぱわあじゃずとりお
高田光義
珈琲豆
team okkaypo
青空教室
SANCTUARY
YAS I AM
MUTA
アラヤ タツロウ& THE SPACE 土 CHANT
小谷野哲郎

[ DANCE / THEATRE ]
平原慎太郎
田仲ハル
東海林靖志
加藤正汰郎
OBA
鈴木明倫
柴田智之
micelle[櫻井ヒロ/河野千晶]
じゅんぺい
森嶋 拓
志帆
小谷野哲郎

[ PUPPET SHOW ]
おたのしみ劇場 ガウチョス

■PLACE
飛生アートコミュニティー校舎と周囲の森

■ADDRESS
北海道白老郡白老町竹浦520 (旧飛生小学校)

■TICKET
発売開始日 2015.7.29
◎前売 3,500円 TICKETページの店舗にて取扱。予定枚数に達し次第販売終了。
◎ウェブ前売予約 4,000円《予約》
◎しらおい割前売券 3,000円[白老町内取扱店のみ:限定枚数]
◎当日 4,500円
◎大学生 2,500円 [メール予約の上、当日学生証掲示] 
◎高校生以下 無料[保護者同伴のもと]
*駐車場無料(会場まで徒歩約7分)

2017.2.23(thu) Yogaのおしらせ

image

毎月1回開催中のYoga school!!
ぜひ、皆さまの参加お待ちしております!

2017.2.23(thu)
start 17:30-
¥1,300-(1drink込)

体調や女性特有の身体のお悩みは皆さんそれぞれあると思います。
Yogaは、身体のいろんな悩みを徐々に解決に導いてくれる画期的なものです。
やりたいけど身体が硬いからちょっと、、と敬遠されている方こそチャレンジしていただきたいです。
月に1回やるだけでも、運動不足や体調や疲労が少しずつ改善されていくのを実感できますよ。
1度、チャレンジしてみませんか??

ご参加の方は、PROVOまでご連絡ください。

Let’s try!

Release!!

2015.3.4
new album “OVERSHADOWED” released!
Jelousguy / “OVERSHADOWED
¥2,376(+TAX)
image

jealousguyは、いま最も注目すべきであろう北海道を拠点に活動している女性クリエイター。2011年にファーストアルバム『Hydration』をリリースし、「Low End Theory Japan」「Sonar Japan」などに出演、Kidsuke (Kidkanevil & Daisuke Tanabe)のヨーロッパツアーへ同行、Ryuei Kotogeのリミックスアルバム『undo​,​redo​.​Remixes』へリミックス提供を行うなど、精力的に活動を展開。
PAD打ちで創り上げる彼女の唯一無二の独自の世界観+非常にパワフル且つカオスな音にガツンと打ちのめされます。
今回の”Lo-Vibes”からリリースされた本作は全曲必聴の作品ばかり。
PROVOでも購入可能ですので、1杯呑みに寄りがてらにでもどうしょう。(しかも特典CD付!!!!)
是非。

■TRACK LIST
1. animals
2. yenya
3. the neutrality
4. love steps
5. in London city
6. the invitational
7. mystery
8. intermission
9. trinity
10. a potate patch
11. awaken bugs
12. show pony
13. real

********************************************************** ** *
■Jealousguy(ジェラスガイ)
高橋雅美のソロ名義:jealousguy (ジェラスガイ)。ピアノコラージュ、シンセ、レコードサンプリングを主に、ラップトップで音楽を制作。PADを使用したリアルタイムでの演奏を主体とし、エレクトロニックミュージックが最重視するBPMやシーケンスからも解放された唯一無二の楽曲制作法は、世界的にも類を見ない。2007年、 VOLVOX RECORDSのコンピレーションアルバム「A Prevalent Oscillation Base」に1曲参加。2009年、Gate Records傘下のtaionや、under toneレーベルから配信で楽曲をリリース、2011年4月念願のフルアルバム「Hydration」をIhatov Remainsよりリリース。北海道を拠点に数々のライブをこなし、同年7月のFour Tet、9月のGOLD PANDAの来札ツアーにも出演。同年、東京のパーティ”Mo’ Fun”に登場しリスナ−に衝撃を与え、同時に数多くのアーティストとの交流がスタート。2012年にはLow End Theory JapanやSonar Japan等にも出演し、活動の幅を怒濤の勢いで拡大。同年秋にはOriginal Curtures主催のKIDSUKEヨーロッパツアーに同行。その後も様々な配信コンピなどに参加し、世界的に知名度を高めていく。2015年、待ちに待たれたセカンドアルバム「OVERSHADOWED」をLo-Vibes Recordingsからリリース。ライブではMPD18、Ableton Live、サンプラーを使いながら、つんのめったビートやメロディーを構築。ライブ感を重視しフロアを盛り上げることに喜びを感じながらライブ活動をしている。現在は北海道のニセコで自然と触れ合いながら、独自のサウンドクリエイトに明け暮れる。
https://ja-jp.facebook.com/pages/Jealousguy/193265697462508‎